ラトリエ・ドゥ・ミッシェル・ブランに行ってガトー食べきた🍴

フランスの至宝と言われるお菓子の銘菓、Michel  Belin(ミッシェル・ブラン)のお店『ラトリエ・ドゥ・ミッシェル・ブラン』に行ってきました。

ミッシェル・ブランのお店は、日本にはJR名古屋高島屋と、西区にある『ラトリエ・ドゥ・ミッシェル・ブラン』の2店舗あるのですが、この『ラトリエ・ドゥ・ミッシェル・ブラン』にはサロンスペースがあり、カフェのようにお店でお菓子を食べる事が出来ます。

ミッシェル・ブランのお菓子がミッシェル・ブランのお店で食べられるって、なかなか素敵ですよね。
という事で行ってきました!✊

住所は名古屋市西区児玉3-6-11。

地下鉄鶴舞線浄心駅から徒歩13分。

詳しくは公式ホームページで。
場所は、住宅街の中にあり、少し分かりづらいです。
国道22号線の大きい通りから逸れて細い道に入り(国道沿いのトヨタカローラ中京のディーラーが目印です)、更に一方通行の道に入ると不意に右手にお洒落な建物が現れます。
あ、なんという事でしょう。
お店の写真、撮り忘れた😂
ということで、HPから写真をお借りして……


IMG_8558

ガラスの扉を開けてお店に入ると、まず目に入ってくるのは、ショーケースの中に並ぶキラキラ輝く魅惑のプティガトー。
まるで宝石が散りばめられたジュエリーボックスのようなケーキは、ひとつの芸術作品ですね🤔

ショーケースに釘付けになっている視線を一旦引き剥がし、お店の様子をうかがいます。

店内の左手には食事が出来るサロンスペースが。

やはりミッシェル・ブラン、賑わってますね……
サロンスペースで、優雅にミッシェル・ブランのお菓子を楽しむカップルや親子連れの方々。
……うん、満席😂
そりゃそうですよね、人気のお店で、土日ですもん。
名前を書いて順番を待ちます。

待ってる間に、どのケーキを食べようかと、ショーケースを眺める。
カフェでは店頭のお菓子の他にも、『グラスショコラ』というチョコレートドリンクなどイートインならではのメニューもありますが……、

今日は初めて来たのでケーキにしましょう!

待っている間に、店内を物色。
お店の右手には、マカロンなどのお菓子が並んでいます。
マカロンも人気みたいですね……、帰りに何か買って行こうかな。
どのケーキを食べようか悩みながら、20分くらい待ったかな?
やっと席に座る事が出来ました。

さて、私たちが注文したのは……
IMG_8550

ガトーマルジョレーヌ。

この崇高な味わいをもたらすクリームの層の絶妙なコンビネーション。
それはまるで、太古の時代より幾千もの歳月が積み上げて出来た地層が奏でる歴史のハーモニーのよう……(この美味しさを地層に例えようとしたが爆死)。

甘さもちょうどいいし、ホント美味しいな☺️

IMG_8553

ラムレザン。
店員さんに「お酒が効いてますけど大丈夫ですか?」と聞かれましたが、本当にラム酒がガッツリ効いてる!(笑)
大人の味。
これも美味しかった。

IMG_8549

ドリンクはアイスコーヒーにしました。
コーヒーはホットかな……、と思いつつ、夏はやっぱりひんやり冷たいアイスコーヒーが飲みたくなります。
あぁ、美味しい。

なんと優雅な時間でしょう。
セレブになった気分。
優雅な時間を過ごし、お店を出ます。

心なしか、駐車場に駐まっている車も高級車ばかりに見えて☺️(笑)
フランスの至宝の味がそのままお店で味わえる『ラトリエ・ドゥ・ミッシェル・ブラン』。
先ほど記したように、ミッシェル・ブランのお店は名古屋にしかありません。

何故、東京ではなく、大阪でもなく名古屋なのかと言うと、

「ミッシェルブラン氏は、都会でありながら中心部から離れると落ち着く街並み、雰囲気の名古屋を故郷に重ねて非常に気に入っているそうです」
出典元:名古屋情報通

こんな名古屋を好きになってくれてありがとうございます😂

というか、この『名古屋情報通さん』にめっちゃ詳しく書かれてるので、是非ご覧ください(笑)
せっかく名古屋に住んでいるなら行かない手はないですね!
また行こ☺️

今度はグラスショコラ飲む!

スポンサーリンク





コメント

タイトルとURLをコピーしました