築地本願寺にあるhideさんコーナーを求めて

IMG_1493

私が『築地本願寺』と言われて思い浮かべるのは、X JAPANのギタリスト、hideさん。

築地本願寺は、hideさんの葬儀・告別式が執り行われた場所。
その当時、私はまだX JAPANを好きになり始めていた頃で、ピアノやエレクトーンで『Forever Love』や『THE LAST SONG』を弾いてその美しいメロディーに酔いしれていました。
次第に、Xの音楽やその存在は、私にとってなくてはならないものになっていきました。

そんな時、突然テレビから伝えられた事実。
最初は、衝撃というよりも、「なんで?」という呆然とした気持ちの方が強かった気がします。
そして、連日テレビで放送される、築地本願寺の前で泣き崩れるファンの方々の姿。
悲しみが溢れてきました。
私は、築地本願寺に対してはずっと、『悲しい』というイメージを持っていました。
しかし、時は経ち、hideさんの13回忌法要が執り行われてファンの方々が集まるのを見たりしていると、築地本願寺が、hideさんを想う場所として変わりつつあるのかな、と感じていました。

そんな中、築地本願寺に『hideさんの追悼をする場所』があるというのを聞き、実際に訪れてみたいという気持ちが強くなっていきました。
今回、築地本願寺を訪れる事が出来たので、その様子や、hideさんの追悼をする場所(hideさんコーナー)がある場所(2019年8月現在)をご紹介させていただきたいと思います。

スポンサーリンク




築地本願寺へのアクセス

IMG_1692

築地本願寺へのアクセスは、東京地下鉄日比谷線『築地駅』1番出口を出てすぐ。
……なんて得意げに言っていますが、東京に来たのは人生でまだ数えるほどしかない田舎者です😑
IMG_1697

何度も見た光景ですが、実際に訪れるのは初めて。
写真は道路を挟んだところから撮っていますが、築地駅1番出口から出ると道路を渡らずにそのままたどり着けます。
1番出口から出ると、ほぼ直結してます。

IMG_1698

まずは本堂でお参りをします。
私が訪れたのは、お盆の連休中。
真夏の日差しが容赦なく降りそそぎます。

暑い……
IMG_1496

何気に、変わった造りをしたお寺だなーって思ってたら、古代インド仏教様式を模したデザインになっているようです。

現在の本堂は、帝国大学(現、東京大学)名誉教授で建築史家の伊東忠太博士の設計によるものですが、建築研究のためアジア各国を旅した博士と、時を同じく、仏教伝来ルートを明らかにするために探検隊を結成し、シルクロードを旅した大谷光瑞(当時の浄土真宗本願寺派門主)との出会いが縁となっています。

築地本願寺と言えば、という古代インド仏教様式を模した特徴的な外観や本堂入り口のステンドグラス、数多くの動物の彫刻など、オリエンタルな雰囲気は、まさにシルクロードを伝わる仏教伝来のルーツを感じさせます。

出典元:公式サイト

さて、お参りもしたしhideさんコーナーを……

……ない!?(゚д゚)
以前は本堂にhideさんコーナーがあったようですが、見当たりません。
そんな、ないなんて😭

いや、どこかに必ずあるはず!

探しにいきましょう!

hideさんコーナーがある場所は?

それでは、hideさんコーナーがある場所へご案内します。

IMG_1699

ステンドグラスが美しい本堂の入り口。
本堂に入らずに左手に向かいます。

IMG_1495

1階のロビーへと繋がる階段があるので、その階段を降りていきます。
すると……

IMG_1494

あった!
hideさんコーナーだ!!!

IMG_1492

さすがhideさん。
入り口のステンドグラスや本堂の装飾に負けないくらいの鮮やさでキラキラしてます!✨

以前、hideさんのお墓にお参りした時も思いましたが、すごく華やかなんですよ。

まるで、お花畑みたいに。
いつも、hideさんのまわりはキラキラしている。

この華やかさは、ファンの方々の愛なんだな、と感じました。

それと同時に、hideさんの人柄が現れているようです。

IMG_1493

お花や、写真、イラスト、ノートに書き記した言葉……、みんなそれぞれにhideさんへの想いが込められています。
hideさんの葬儀・告別式には、5万人のファンの方たちが参列されました。

テレビのニュースで見た光景を今でも覚えているのですが、隅田川に沿って参列者の列がずーっと続いていました。
その列は、2、3キロにも及んだそうです。

その時、あらためてhideさんという存在の大きさを感じました。

それと同時に、多くのファンの方たちの存在も。

hideさんファンの方々は、みんなそれぞれ悲しみを乗り越えて生きておられるのだと思います。
まだ、乗り越えられていないかもしれません。

私自身も分かりません。
ただ、私にとってhideさんは今、生きる力となっています。
 
私がhideさんのために出来ることは、hideさんの想いや音楽を力に変えて一生懸命生きていく事だと信じています。
それが、恩返しになるのかな、と。
今はやりたい事が音楽から文章に変わっていますが、人生の目標は変わっていません。
hideさんのような人間になれるように、生きていきます!
築地本願寺のhideさんコーナーを訪れる事で、色々な想いを再確認出来た気がします。
私にとって築地本願寺は、生きてく力を与えてくれる場所になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました