【うさまるグッズ】銀座松崎煎餅・三味胴(瓦煎餅)【東京駅・LINE CREATORS SHOP限定】

東京駅一番街の東京キャラクターストリートにオープンした、LINE CREATORS SHOP。

そこでは、東京駅限定のうさまるグッズが販売されています。
東京駅の新しいグッズ、めっちゃ可愛い😍!!
……なのに、
東京駅限定って😭!!!

喉から手が出るほど欲しい東京駅限定のうさまるグッズ。
しかし、時間もお金もない私はただ指をくわえて見ていることしか出来ませんでした😭

……が、

お土産に色々買ってきてくれたー!!!🎉
IMG_9647

という事で、買ってきていただいたLINE CREATORS SHOPのグッズを数回に分けて紹介していきます!
まずは、銀座松崎煎餅『三味洞(瓦煎餅)』とうさまるのコラボ商品。

IMG_9513
うさまるとうさこがむにっとなってるパッケージが可愛い!

IMG_9515
とても可愛らしい缶のケースになっています。
さて、肝心の中身は……、

パカっ!

IMG_9516
ぽけ〜っとしているうさまるのイラストですね🌸

花火を眺めているのでしょうか、でら可愛いな!

IMG_9517

イラストは全部で4種類!
みんな可愛い😍
ってかこれ、食べ物としては可愛い過ぎる……
もったいなくて食べれない😂
だけど、せっかくなので食べる!
バリっ!

あ……、
ふつうに……、 
めっちゃ美味しい!!!

バリッ、ボリっ……

うん、ホント、美味しい(笑)
で、美味しいからまるでポテトチップスを食べるようにもう一枚……、と手が伸びそうになりましたが、さすがにそれはもったいない!
とりあえず食べるのを我慢して、うさまる三味胴を眺める。

可愛い。 
食べるのもったいない。
結果、まだ食べれずに残ったままになってます(゚д゚)
 
IMG_9515

ケースがしっかりしているので、お煎餅を全部食べちゃった後でも、小物とかの入れ物に使えるのでおススメです。

この瓦煎餅『三味胴』を販売しているのが銀座松崎煎餅さんですが、美味しいのもそのはずで、老舗のお煎餅屋さんです。



FullSizeRender

文化元年(1804年)芝魚藍坂にて創業

三代目宗八が慶応元年(1865年)5月、現在地銀座に店を移し、春秋を重ねること200余年。

代々伝わる「1枚1枚心を込めて手を抜くな」を信念に、日々精進しております。

公式サイト:松崎煎餅

どうりでクオリティ高いわけですね🤔

東京駅のLINE CREATORS SHOPではこのような老舗とコラボした素晴らしい商品があるんですよ、ズルい!😂

その松崎煎餅さんの代表的な瓦煎餅が、この三味胴


松崎煎餅の代表的な瓦煎餅で、三味線の胴に似ていることから三味胴と名付けられました。

小麦粉に砂糖や卵を加えた優しいお煎餅に、職人が1枚1枚丁寧に絵柄を描いております。

出典元:三味胴

Amazonでも販売されていますので、よかったらご覧ください。

美味しいですよ。

江戸瓦 三味胴 5枚入り(瓦せんべい 季節の絵柄5種)

新品価格
¥648から
(2019/1/12 08:35時点)

オススメです!
まだまだお土産に頂いた東京駅限定うさまるグッズがあるので、順次公開していきます🎶

スポンサーリンク







コメント

タイトルとURLをコピーしました