映画『孤狼の血』観てきました。

映画『孤狼の血』は、昭和63年、暴力団対策法成立前の広島を舞台にした映画。

破天荒な刑事・大上(役所広司)と新米のエリート刑事・日岡(松坂桃李)がコンビを組んでヤクザの抗争を止めようとする物語なのですが、とにかく熱い!

大上は、捜査のためなら恐喝、放火、拷問となんでもあり。
一方、名門大学卒の日岡は大上の無茶ぶりに翻弄され、警察官がこれでいいのか、と苦悩しながら捜査をしていきます。
この役所広司さん演じる大上がとにかく熱い男なんですよね。
破天荒ぶりも、あそこまでいくと観ていて気持ちがいい。
そして、渋くて、カッコいい! 
映画のキャッチコピーに『この国には、牙のない男が増えすぎた』というのがありましたが、今の時代にはない熱い魂がこの映画にはありました。
仁義なき戦い、のような正統派な任侠映画が好きな方にはすごくオススメです。
今ではこのような映画、なかなかないですからね。
時代設定が昭和という事もあり、どこか懐かしい雰囲気を味わえます(笑)

あと、出演されてる俳優さんが皆さん渋くてかっこいい。

松坂桃李さんもかっこいい。
若頭役の江口洋介さんもかっこよかったなぁ(笑)

一つの失踪事件をきっかけに、物語は動き始める。

抗争を必死で止めようとする大上だが、次第に抗争は激化し、更に大上自身の14年前の疑惑が取り沙汰され、窮地に立たされていく。
大上と日岡は、抗争を止めることが出来るのか。
R-15で暴力シーンやグロいシーンもありますが、オススメの映画です。

熱い男の生き様を、是非劇場で!
原作は柚月裕子さんの小説なんですね。

小説も読んでみようかな。

孤狼の血 (角川文庫)

新品価格
¥821から
(2018/5/14 07:48時点)

 

ちゃっとネタバレになるので詳しくは言えませんが……、

このZippoのライター、劇中で重要な役割を果たす事になるのですが、思い出すとほろっときちゃいます(笑)
スポンサーリンク





コメント

タイトルとURLをコピーしました