村上春樹さんの『騎士団長殺し』が香港で18歳未満販売禁止に

私は香港の法律や文化などに詳しくないからよく分からないのだけど、これだけは言える。
村上春樹さんの小説で『表現がわいせつ』なのは、今に始まった事ではない(゚д゚)
ノルウェイの森や1Q84に比べたら、騎士団長殺しなんてマシな方じゃないでしょうか?
主人公が、まりえ(中学1年生)に手を出さなかっただけでかなり健全です。

それに、これだけネットでエ◯画像や◯ロ動画が溢れかえっている時代に、最早書籍の規制なんて意味がないように思われます。
なんでも無料で手に入ってしまうこの時代。
むしろ、あえて身銭を切ってエ◯を買う、なんていう行為が素晴らしいようにさえ思えてくる。
時代の流れというのもありますが、やはり◯ロに対してそれ相応の対価を支払うというのも大切な事なのではないかと思います。
……いや、なんか話がズレてきてる気がする😑
確かに村上春樹さんの作品には性描写が激しいものが多いけど、『性』に対する描写も重要な一つの表現だと思います。
小説にエロはつきものだと思ってるし。

文学や芸術にとって『性』って重要なキーワードだし、永遠のテーマであるようにも思える。
村上春樹さんの作品を読んで育つと性癖が少しおかしくなる可能性もなきにしもあらずですが、私たちは何かしらに影響を受けて成長していくので、それが個性となっていくのではないでしょうか。
まぁ、規制されるというのも、村上春樹さんがそれだけ影響力があるって事ですね☺️

スポンサーリンク




コメント

タイトルとURLをコピーしました