長野の旅〜信濃町・もろこし街道を求めて〜

今回の旅は、T先生が加入する以前の『TEAMマーセナリーズ』での旅。
※今回の記事から、私が所属する旅団(所属4名)の名称を『TEAMゆっくりしていってね』から『TEAMマーセナリーズ』(以下マーセ)に改名しました。勝手に)。

以前より、マーセで議論されていた議題。
ピュアホワイトを、北海道で食べたい。
ピュアホワイトとは、資生堂さんのサプリメント——
——ではありません。

ふざけてごめんなさい、検索したら資生堂さんのピュアホワイトが出てきたのでつい😑
というか、最近サプリメントがとても気になってきた私。
やはり、時の流れと共に色々と衰えを感じ……
なので、無意識のうちに資生堂さんのピュアホワイトに反応してしまったのかもしれません。
記事の内容と全く関係ないですが、資生堂さんの『ピュアホワイト』良さそうなのでリンク貼っておきますね。

さて、気を取り直していきましょう。
ピュアホワイトとは、主に北海道で栽培されているレアな白いトウモロコシである。

私たちは北海道旅行の計画を立てているのですが、その北海道旅行の大きな目的の1つが『北海道に行って現地でピュアホワイトを食べる!!!』である。

しかし北海道、ちょっと遠い。

それに北海道、デカい。

そして、ブラック企業に勤めていて薄給の私はお金がない!
そんな感じで二の足を踏んでいた我々。
そんな時に、我らマーセが愛する長野県で『もろこし街道』なるものがある事実を発見。

もろこし街道……

もろこし街道とは如何に。

もろこし街道=美味しいトウモロコシが無限に食べまくれるパラダイス
……という事なのか?
気になる……
『北海道でピュアホワイト』の件は後々の目標として置いておいて、とりあえずこれは行くしかない!

そうと決まったら、旅立ちだ!

Y紳士、旅のプランお願いします☺️

    元善光寺と善光寺

長野は私の心の故郷。

——と思うくらい長野が好きだし、長野市にある善光寺には1年に1回は参拝している。

その善光寺に何回も参拝して軽く案内出来るくらいになった我々ですが、『元善光寺』には今まで参拝した事がありませんでした。
元善光寺とは飯田市にあるお寺。
何故善光寺なのかと言うと……、公式サイトから引用させていただきます。



FullSizeRender

推古天皇十年に信州麻績(おみ)の里(現在の飯田市座光寺)の住人本多善光(ほんだよしみつ)公が、国司の供をして都に上がった時に、難波の堀にて阿弥陀如来様にめぐりあい生まれ故郷へお連れし、お祀りしたのが元善光寺の起源です。

その後、阿弥陀如来様の御告げにより芋井の里(現在の長野市)に阿弥陀如来様を御遷しすることになった時、再び御告げがあって「毎月半ば十五日間は必ずこの麻績の古里に帰り来て衆生を化益せん」との御誓願を残されました。そもそも善光寺の名は善光公の名を以って付けられたものです。

御詠歌「月半ば毎にきまさん弥陀如来、誓いぞ残る麻績の古里」とある様に、古来長野の善光寺と、こちら飯田の元善光寺と両方お詣りしなければ片詣りと云われております。

出典元:公式サイト

善光寺のになったお寺だから元善光寺、というわけですね。
善光寺の歴史的にも大変興味深いですし、『善光寺だけでは片参り』と云われたら参拝しないわけにはいきません。
さぁ、行きましょう、元善光寺!

独りで運転するY紳士を横目にゆっくりとアニメ鑑賞しながら!

そういえば、この時は我々がメインでやってるスマホ・ゲームのイベント中で、ずっとゲームにアクセスしながら移動していた通信量が半端ない事になる、ということで、Y紳士がポケットWi-Fiを用意してくれました!

 

どれだけ献身的な漢なんでしょうか、Y紳士。
みんなのために大枚叩いてポケットWi-Fiを契約して😭
しかも、Y紳士自身は運転するから、殆ど使うのはM大佐と私だけだと言うのに😭

最早、どこの大手旅行代理店のサービスをもってしてもY紳士には敵いません。 
いや、寧ろY紳士自身が旅行代理店のようなもの。
生ける旅行代理店と書いてY紳士と読む。

生ける旅行代理店

Y紳士

ありがとう、

生ける旅行代理店

Y紳士

 。

マジ感謝、

生ける旅行代理店

Y紳士

 。

でも運転は代わりません!(^q^) 

そんな感じで、ひたすら独りで運転するY紳士を横目にアニメを鑑賞しながらゲームをポチポチしていると、着きました、長野県飯田市は元善光寺!

IMG_6170

いつも参拝する善光寺は比較的長野市の中心部近くにあり割と賑やかな雰囲気ですが(観光客もとても多い)、元善光寺は静かな自然の中にあるという印象でした。

IMG_6168

記念撮影の顔出しパネルが!

ちゃっかり日にちも記されていますね。

あ、決めました。
次回の旅(2019年間2月以降)から、この顔出しパネル発見したら必ず穴から顔出して記念撮影します。
この昭和の遺産とも言うべき顔出しパネル文化が絶滅しないように我々マーセは保護活動していきます。

IMG_6169

元善光寺の本堂です。

感謝を捧げ、お参りしました。
元善光寺も素晴らしかったな、参拝に来れてよかった。
さて、次は長野市にある善光寺に参拝だ!
……と行きたいところですが、お腹が空いてきたので腹ごしらえします。

飯田市から北に進んだ伊那市にある『たけだ料理店』さんでお昼ご飯をいただきます。
マーセも常連(ちょっと盛った)のたけだ料理店さんは、何のお店かと言うと……

IMG_6171

どうだ、この肉!!!
たけだ料理店さんはお肉屋さんでもあるので、本当にお肉が美味しいんですよね☺️
肉通であるM大佐が美味しいって言うんだから間違いないです!

ってか、美味しいからって調子こいて馬刺とか他にも色々注文して食べすぎました……。
やべぇ、マジで苦しい……

更に調子こいてビールでも飲んでたらリアルにリバース案件でした。

うぅ……
産まれそう……
消化に勤しんでいる胃を励ましながら、アニメを観てゲームをポチポチしつつ長野市を目指します。

ってかこの旅の時は何のアニメ観てたんだっけ?
もし覚えていたら教えてください、M大佐!

(2019年2月21日追記)
M大佐から教えてもらいました!

捕捉すると今回の旅行は我々の中で『年一回は大きな旅行しよう!』って話で、その本来の目的だった北海道プランが予算的な都合で頓挫した為に、とうもろこしが食べれる場所探しつつ別の目的地決めようって話し合いから生まれた文字通り代替えプランなんだよ(´∀`*)

ちなみに代替え地は本来なら来年に行く予定にしていた大洗!その為にこの旅行は2015年の大洗旅行とリンクしてて、この旅行の時見たアニメもFate/UBW2期途中までと大洗行きの復習の為にガルパン全話(結局全話見られず大洗道中で映画と残り全話見た)を見たはず(^ω^)

出典元:M大佐のコメントより

M大佐の記憶力はマジで半端ない。
まぁ、逆に私の記憶力がヤバ過ぎるというのもありますが😑
私、今勤めている会社の同僚の名前忘れますし、リアルに学生時代の同級生とか覚えてないですからね。
成人式の時点ですでに中学の同級生を忘れてました。
なのでいつも助かっています!☺️
そういえば、この旅の道中でガルパンを鑑賞して、大洗の旅に繋がるんですね。
自らの旅の歴史を振り返るのもなんだか面白いです。

そんな感じて、着きました!

IMG_9875

善光寺ー!

青空の下の山門が美しいです。

IMG_9876

善光寺の本堂です。
実は私、1番最初に善光寺に訪れたのがでして(その時はマーセのメンバーとは別の友達と来ていた)、とても荘厳なお寺だなと思ったものの、夜なのでとても静まり返っており、こんなに参拝される方で賑わう場所とは思いもしませんでした。 
偶然に訪れた善光寺が、その後何度も参拝する事になるのだから、なにか不思議な感じがしてしまいます。

IMG_6174

蓮の池。

『泥中の蓮』ということわざがあります。
蓮は泥の中で育っても綺麗な花を咲かせる事から、汚れた環境(泥)の中でも綺麗に正しく生きる事のたとえとして用いられます。
ちょっと意味が違うかもしれませんが、私もどっぷりとサラリーマン生活に浸っていますがそれに染まることなく、信念を曲げずにプロのブロガーを目指したいと思います。

ちなみに、この時はブログをやるなんて考えていませんでした。

ずっと小説書いてました。
この時ブログやるって分かってたら、もっと沢山写真撮ったのにな🤔

さて、善光寺でお参りもしたので、これから更に北上して野尻湖に向かいます。

あ、この時ってアニメ『プラネテス』観てたんだっけ?
プラネテスめっちゃオススメなので、アフィリエイトリンク置いておきます😑(プラネテス観てたのは別の長野の旅でした、私の勘違い)

そういえば、何故野尻湖に向かっているかというと、野尻湖に今夜の宿があるからです。

今回の宿は、いつもと一味違います。
大体いつもはビジネスホテルに宿泊するマーセですが、今回はゲストハウス!!!
ゲストハウス……

私のイメージとしては、ゲストハウスを利用するのはコミュニケーション能力が高くリア充陽キャな方々。
陰キャインパルス竜宮世奈、大丈夫でしょうか?
もし外国人のバック・パッカーの方に話しかけられても「アーハン?」しか言えませんよ私。

映画で観るようなお洒落な返しとか絶対出来ませんから。

居たたまれなくなって夜中に逃げ出して野尻湖のほとりで野宿するハメになるかもしれません……
 
色々な妄想が渦巻く中、少し心細くなるような森の中を彷徨い、たどり着きました。

    ゲストハウス『Lamp』

IMG_6176

ゲストハウス『LAMP』。

おぉ、ここがゲストハウス……!

なんかキラキラしてて、リア充しか受け入れない感じか!?
いえ、全然そんな事ありませんでした。
めっちゃ暖かい雰囲気。
従業員の方もとても親切。
なんか楽しくなりそう!

ワクワクしながらお部屋へ向かいます。

IMG_9877

おぉ、二段ベッド!
まさに、私のゲストハウスのイメージをそのまま具現化したようなお部屋です。
ゲストハウスなので、宿泊するお部屋はドミトリー(相部屋)。
初対面の方と一緒の部屋で宿泊したりする事もあるんですよね。
今はブラック企業の社畜なのでアレですが、ブログで稼いでフリーランスになったらゲストハウスとかに泊まって全国ぶらぶらと旅してそれを記事にします。

ちなみに、お部屋には貴重品を入れる為の鍵付きロッカーがあるので、防犯の面でも安心なお部屋になっていますよ。
Lampさんでは
、男女混合ドミトリー、女性専用ドミトリー、貸切ドミトリー、和室と、色々と種類があるので、様々な用途に合わせてご利用いただけます。
さて、それでは夕食にしましょうか。

LAMPさんにはレストラン・スペースがあり、信濃町の新鮮な野菜とお肉を使った料理と、長野の地ビールなどお酒をいただくことが出来ます。

長野の地ビールといえば、思いつくのが『よなよなエール』。

私、よなよなエールが大好きで、ビールの中ではよなよなエールが最強だと思っています。
1番好きなビール🍺

しかし、せっかく長野に来たのだからと、今夜のは飲んだことのないビールをチョイス。

IMG_6179

注文したのは、『志賀高原ビール ピールエール』。

爽やかな柑橘系の風味で美味しい。
IMG_8971

見よ!

このY紳士の満足げな笑顔!

隠しているので見えませんが!

レストランスペースは1階にあるのですが、私たちのように外のテラス席でも料理をいただく事が出来ます。
IMG_6183

ビールおかわりしちゃいました。
あぁ、幸せ。
お腹がいっぱいになったので、お風呂に入ります。
お風呂の写真は撮っていないので、公式サイトの写真をお借りしました。



IMG_9873



出典元:公式サイト

木のぬくもり全開のお風呂で、なんだか楽しかったです。

学生の頃に戻ったみたいな(笑)
お風呂に入った後は部屋に戻り、Y紳士のiPadでM大佐のオススメ動画を観たりしていました。
ベッドは2段ベッドになっているので、どこのベッドで寝るかジャンケンで決めることに。
結果、右の2段ベッドの下にM大佐、その上にY紳士、私が左の上、という配置に落ち着きました。
寝てる時思ったのですが……、

この時7月なのですが、暑くない!

エアコンとか無しで全然寝れちゃいます。

さすが避暑地ですね、この涼しさに感動すら覚えました。

この涼しさを味わったら、もう愛知でなんて暮らせません。
名古屋なんかは灼熱地獄です。 

なんであんな地獄で生活してるんだろうみんな。

やっぱ素晴らしいな長野☺️
そして、心地よい虫の音と、旅の疲れ、お酒の効果もあり、次第に夢の世界へと沈んでいく意識。
夢の泉に頭まで浸りかかったその時、不意に隣から聞こえる騒音
ギシギシ、ギシギシ、と、ベッドが軋む音が聞こえる。
この音はまさか……ギシアン!?
まさか、この健全なゲストハウスで、この神聖な長野県内で、破廉恥な行為に及んでいるカップルがいるとでもいうのだろうか?
羨ましい許せん……、許すまじ!
重くなった瞼をカッと見開き、不貞を正すべく起き上がろうとしたその時、
「おいィ、いくらなんでも罪深過ぎるだろ!」
と、苦情を浴びせつつ飛び起きたM大佐。
流石、正義の漢M大佐。
彼がこの神聖な長野県での不貞行為を許すはずがありません。
しかし、M大佐が苦情を浴びせた相手は隣の部屋の人……ではありませんでした。
その対象は、M大佐の真上にいる住人。
何とも破廉恥なギシアンの正体は、 Y紳士の寝返りを打つ音でした。
そんなトラブルもありつつ、野尻湖の夜は静かに更けていきました。
〜🌙翌日☀️〜

IMG_6184

おはようございます。

朝食です。

トースト、スクランブルエッグ、ソーセージにサラダと、シンプルにして最強の布陣です。

雄大な自然の中、ゆっくりといただく美味しい朝食。

ホント、毎朝こんな朝を迎えたいですね。

なんでこの世に出勤とか会社なんてものが存在するのだろう😑

IMG_6185

LAMPさんのマグカップ、とてもかわいい。

IMG_6186

外に出ると、すぐ目の前に野尻湖の美しい水面が広がっています。

ホント、素晴らしいロケーションです。

IMG_6187

LAMPさん、お世話になりました。
良い所だったな。



FullSizeRender



出典元:
公式サイト

Lampさんに宿泊されるなら トリバゴ
を利用して料金比較するとお得なプランが見つかるかも!

ちなみに、我々はいつもホテル予約の一切をY紳士に任せっきりにしています☺️
ホテルを吟味し、常に適切なプランを提供してくれる Y紳士。
最早、 Y紳士が
トリバゴ

のようなもの。
『生ける
トリバゴ

』と書いて Y紳士と読む。


生ける
トリバゴ



Y紳士


ありがとう、

生ける
トリバゴ



Y紳士

 。

マジ感謝、

生ける
トリバゴ


Y紳士
 。

さて、そもそもですが、何故我々はここ信濃町を宿場として選んだのか。

それは、この記事の冒頭に記した、トウモロコシ

この信濃町には、そのトウモロコシを美味しくいただけるもろこし街道があるからです!!!

    もろこし街道

北信五岳に囲まれた標高700mの高原の町・信濃町では、澄んだ空気・清らかな水・有機質に富んだ火山灰土の三拍子が揃ったトウモロコシの産地。
その味わいは、昼夜の温暖差によって糖度が上がるため、フルーツのように甘くみずみずしいことが特徴です。

信濃町には通称「もろこし街道」と呼ばれる街道があり、7月下旬~8月下旬のシーズン中には街道沿いの直売所で地元の高原野菜やトウモロコシが販売され、多くの観光客で賑わいます。

直売所の休憩室では、採れたてのトウモロコシを焼いてその場で味わうことができるとあって、県内外から多くの人が訪れます。

出典元:長野県しなの町

信濃町の県道36号線沿いには、シーズンの7月下旬〜8月下旬になると数十軒の直売所が並ぶようになり、これがもろこし街道と呼ばれています。
LAMPさんからもろこし街道までは車で大体10分くらい。
宿から朝一でもろこし街道を攻めるのが、我々の作戦でした。
再び、スマホのゲームをポチポチしながらのどかな県道を走っていると、それは現れました。
 
めっちゃトウモロコシ売ってる!(゚д゚)
県道脇にある野菜直売所みたいなお店の軒先に、めっちゃトウモロコシ並んでる!
しかも、その場でトウモロコシ焼いてる!
見てるだけで美味しそうってわかるその光景!

しかし、トウモロコシの直売所は1つだけではない。

このもろこし街道には、幾多のお店が並んでいるのだ。
焦る必要はない。
じっくりと、曇りなき眼で見定め、決める。
このお店ではない……
ここも違う……
ここも……

大丈夫、トウモロコシの女神がその場所へと導いてくれるはずだ。
考えるな、感じろ……

あ……、

もろこし街道、通り過ぎた(゚д゚)

お店を選び兼ねてるうちに、もろこし街道を通り抜けてしまったみたいです。
ダッシュで引き返す我々。
慎重に選び過ぎました。
やはりお店選びには勢いも大切だと悟りましたね😑

そして、戻ったところで少しこじんまりとした直売所を発見。

軒先には、まるでメイちゃんが大切に抱えてそうな新鮮なトウモロコシが沢山並べられています。
その横ではおばあちゃんがトウモロコシを焼いていて、イートイン・スペースも完備されている。

ここだ、ここしかねぇ!

私たちがトウモロコシを求める心は爆発寸前!

モウガマンデキナイ!!!(ケロッグ・コーンフレーク)」

大きな車体をドリフトさせるかの勢いでお店の横にある駐車スペースに車を駐めるY紳士。
「たのもー! 焼きとうもろこし3つ!!!」
「あいよー」

笑顔でトウモロコシを焼いてくれるおばあちゃん。

あぁ、美味しそう……。

醤油の香ばしい香りもたまらない。

IMG_6189

もはや芸術と言っても過言ではないこのトウモロコシのフォルム。
これだ、これも求めて長野までやってきたのだ。
うーん、美味しい☺️
旬のものをいただくって、なんて素晴らしいことなのだろう。

この大地に、自然に、農家の方に、トウモロコシ屋のおばあちゃんに……、感謝するぜ、これまでのすべてに!!!

ごちそうさまでした☺️

さて、目的のトウモロコシを堪能しましたが、まだ旅は終わりません。
次は戸隠神社へと向かいます。
  

    戸隠神社

IMG_6190

さて、ここからはリアルしんどい登山美しい参道を歩いて戸隠神社へ参拝します。
戸隠神社については、こちらの記事こちらの記事で詳しく書いているのでよかったらご覧ください。

私はここまでしか写真を撮っていなかったのですが(たぶん疲れてる)、M大佐が写真を提供してくれたのでそちらの写真を載せていこうと思います。

IMG_9802

随神門。

随神門とは、悪いものが神域に入ろうとするのを防ぐ神さまをまつる門。 

この隋神門がまた美しいんです。

 
 
IMG_9801

いつもここに来るの思うのですが……、

マジで神域です!
パワースポットという言葉がありますが、感じるパワーが半端ない!

大いなるパワーに抱かれながら参道を進んで行きます。

終盤は登りがキツいですが、焦らずゆっくり進んで行きましょう。

最後の坂を登りきると、ぱっと明るい空が開けたように奥社の本殿が現れます。      

IMG_9803

こんな山奥に美しい本殿が!

この階段を上りきれば、あと少し!

IMG_9804

到着!

ここが戸隠神社、奥社の本殿です。
神様に感謝の気持ちを伝え、お参りしました。

また、戸隠神社についての詳しい記事を書きたいなぁ。
今回の旅では普段利用しないゲストハウスに宿泊したのが印象に残っています。
ちょっと学生時代の林間学校を思い出して懐かしい感じがしました。

もろこし街道については、もっと写真撮ったりちゃんと取材しておけばよかったなぁと思いました。
避暑地としても最高なので、夏の長野、是非お越しになってください!

スポンサーリンク








今回の旅はいかがでしたでしょうか?

↓は旅行ブログのランキングサイトです。
ポチっと押していただけると作者が喜びます🎶
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

コメント

  1. M大佐 より:

    捕捉すると今回の旅行は我々の中で『年一回は大きな旅行しよう!』って話で、その本来の目的だった北海道プランが予算的な都合で頓挫した為に、とうもろこしが食べれる場所探しつつ別の目的地決めようって話し合いから生まれた文字通り代替えプランなんだよ(´∀`*)
    ちなみに代替え地は本来なら来年に行く予定にしていた大洗!その為にこの旅行は2015年の大洗旅行とリンクしてて、この旅行の時見たアニメもFate/UBW2期途中までと大洗行きの復習の為にガルパン全話(結局全話見られず大洗道中で映画と残り全話見た)を見たはず(^ω^)

  2. 竜宮世奈 より:

    @M大佐さん
    ホント、M大佐の記憶力素晴らしい!(笑)
    補足ありがとうございます(`・ω・´)
    また落ち着いたら北海道目指そう!大洗も行きたいなぁ♪( ´▽`)

タイトルとURLをコピーしました